2020年に2つの新駅が開業 JR山手線は「高輪ゲートウェイ」・地下鉄日比谷線「虎ノ門ヒルズ」に

こんにちは。
小林です。

2020年開業の2駅の名称が決まり
JR東日本は「高輪ゲートウェイ」と
東京メトロは「虎ノ門ヒルズ」となりました。

今回はその2駅を中心に取り上げます。

JR東日本ニュースから

スポンサードリンク




高輪ゲートウェイ駅

JR東日本ニュース

画像の引用元はこちら
田町~品川駅間の新駅の駅名決定について

駅名:
「高輪ゲートウェイ」
(たかなわげーとうぇい/Takanawa Gateway)

田町~品川間に開業予定の新駅が「高輪ゲートウェイ」駅に決まり
江戸時代からの交通の要所および明治時代に鉄道が開通した
由緒ある場所にちなんで一般公募により命名されたとのことです。

<参考> 第1位 高輪(たかなわ)
第2位 芝浦(しばうら)
第3位 芝浜(しばはま)

公募の1位に「ゲートウェイ」を付け足した
予想外の名称となりました。

マイナビニュース

「高輪ゲートウェイ駅」JR東日本、田町~品川間新駅の駅名を決定

JR東日本は4日、田町~品川間に2020年春開業予定の新駅について、駅名を「高輪ゲートウェイ(たかなわげーとうぇい / Takanawa Gateway)」に決定したと発表した。

あわせて新駅の照明デザインのコンセプトおよびデザイナーも発表している。

この名称をめぐって疑問を抱き
賛否両論も巻き起こっており
「名前が長すぎる」「マルス券でどう印刷する?」
などの意見が多数上がっているとのことです。

また2027年に開業が予定されている
リニア中央新幹線の始発駅ともなるとのことです。

虎ノ門ヒルズ駅

ZAKZAKから

日比谷線新駅は「虎ノ門ヒルズ」 山手線に続く“カタカナ駅”の誕生

東京メトロは、日比谷線の霞ケ関-神谷町間に建設中の新駅の名称を「虎ノ門ヒルズ」に決めたと発表した。2020年東京五輪・パラリンピックの開幕前の利用開始を見込む。

東京メトロでは初となるカタカナ駅名「虎ノ門ヒルズ」が
2020年に開業するとのことでこの年に開業する新駅は
カタカナのオンパレードです。

日比谷線の新駅周辺では、14年に地上52階建ての「虎ノ門ヒルズ森タワー」が開業。

ほかにも複数の高層ビルの建設が進み、森タワーを含めた一帯は「虎ノ門ヒルズ」として再開発される計画になっており、中心に位置する駅の名称に決まった。

今年9月にインターネットで首都圏の約2000人を対象に実施したアンケートでも約半数が「虎ノ門ヒルズ」を挙げたという。

物議をかもした「高輪ゲートウェイ」とは対照的に
「虎ノ門ヒルズ」の名は再開発中のエリアにあやかって命名され
こちらはすんなり受け入れられた模様です。

おわりに

2020年に開業する新駅が
横文字のカタカナ付きの駅名で
いろいろ意見が巻き起こりましたが
無事開業できることを祈る次第です。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林