2021.4.28 鉄道の動き 209系2100番台NN配給・E217系クラY-45編成TK入場・西武2000系2003F横瀬に回送etc

こんにちは。
小林です。

4/28の鉄道の話題を
ネット情報を通じて
取り上げていきます。

4/28までの主な鉄道の話題

西武2000系2003F横瀬に回送(27日)


西武新宿線系統で活躍していた
2000系2003Fが27日
横瀬車両基地まで
回送されました。

廃車ともなれば2年ぶりで
この編成は同系列で
2番目に古い車両でした。
(中間の2303・2304を除く)

209系2100番台6B+余剰ユニット2組NN配給(22・28日)

写真は4/22のもの マリC618編成他配給 筆者撮影

幕張車両センター所属の
209系2100番台6両
+余剰ユニット2組をかませた
10両編成のNN配給が実施されました。

22日はマリC618x6+
C605・C616各2両

28日はマリC612x6+
C614・C611各2両


経路は途中新小岩信号所にて
機回しで進行方向を変え
新金線-常磐線-武蔵野線経由で
回送されました。

E217系クラY-45編成TK入場


鎌倉車両センター所属の
E217系クラY-45編成が
自走にて東京総合車両センター
(TK)に入場しました。

同編成はドアステッカーが
撤去されており

このタイミングでの入場では
おそらく廃車回送ではないかとの
憶測が飛び交っています。

TKでも少数だけ廃車解体の
実績ありですが実施されるなら
これだけまとまった数では
おそらく初で

先の209系の配給も含め
長野総合車両センター(NN)が
キャパオーバーだったために
今回の措置が取られたでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回挙げた中で意外だったのは
E217系クラY-45編成が
今頃TKに入場したことで

同所での本格的な廃車解体が
始まろうとしていると思われます。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林