新小岩駅にホームドア設置:総武線快速での事故対策による輸送障害軽減へ

こんにちは。
小林です。

新小岩駅での事故対策の切り札として
総武線快速側にホームドアが設置されました。

今回はその話題を中心に取りあげます。

時事ドットコムニュースから

スポンサードリンク




はじめに

新小岩駅では飛び込みによる事故が後を絶たず
たびたびダイヤが乱れる事案などが相次ぎ
利用者も関係者も頭を悩ませていました。

警備員配置や特急列車の減速など対策を練ってきましたが
国・都・葛飾区の支援もあって
悲願のホームドア設置が実現しました。

新小岩駅ホームドア設置の模様

時事ドットコムニュースから

総武快速初のホームドア=人身事故多発の新小岩駅-JR東
写真の引用元はこちら

JR東日本は8日、総武快速線新小岩駅(東京都葛飾区)で、乗客の転落事故などを防止するホームドアの運用を始めた。

同線でのホームドア導入は初めてという。

今までの事案の結果ホームドア設置の要望の声が上がっており
今回それが実現しました。

ちなみに設置されたのは総武線快速の3・4番線のみで
これにより接触事故の防止と通過する特急列車の
スピードアップにつながるでしょう。

Twitterから


ホームドア稼働開始の瞬間
5:10発快速横須賀行きの一番列車で
初めて適用されました。


総武緩行線は未設置だが、
209系500番台・E231系0番台編成未組み換え車,
同900番台と快速側ホームドアとの組み合わせもわずかです。

おわりに

ホームドアが設置された暁に
転落や接触事故による輸送障害の軽減に
大きく貢献していくでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林