2020.4.18までの航空の動き:301SQ F-4EJ改に2機目のスペマ登場・貨物機の客室に荷物の搭載へ

こんにちは。
小林です。

18日までの航空の動きを
ネット情報を中心に
取り上げていきます。

スポンサードリンク





18日までの飛行機の話題

301SQ F-4EJ改 2機目のスペマ登場


301SQは年度をまたぐも
今年度を以て解隊する予定です。

これを記念して07-8436号機を
ファイナルツアーの一環として
2匹目のカエルスペマに
仕立てられました。

筆者も含め足を運んで
取材できる状況ではないので
それまでの間は航空自衛隊百里基地
公式Twitter上でお楽しみください。

貨物機の客室部分に貨物を搭載する取り組みが行われる

ANA CARGO B767-300F(ER) JA602F

ANA Cargo、客室内に貨物を搭載するハンドリング検証を実施

全日空(ANA)の貨物部門、ANA Cargoは2020年4月10日(金)、座席上部の手荷物を収納する「オーバーヘッドストウェッジ」に貨物を搭載するハンドリング検証を実施しました。

ANAカーゴを持つ全日空で
貨物機の客室部分に
荷物を搭載するハンドリング検証が
行われました。

旅客機の需要が落ち込む中
空の座席部分(荷棚)を
荷物の搭載スペースとして活用し
テコ入れを図る模様です。

ゆくゆくは座席の上にも
荷物を載せる措置が採られる他
一時的に旅客機も貨物機扱いされる
可能性も高いです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

筆者も活動制限がかかる中
ネット越しでの情報収集や
ネット上でのやり取りが
主流になる今日この頃です。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林