江ノ電での写真写り込みで店が大繁盛-禍を転じて福と為すで思わぬ経済効果をもたらす

こんにちは。
小林です。

今回は江ノ電界隈で起きた
思わぬハプニングについて
筆者なりに取り上げていきます。

江ノ電で起きたハプニング

江ノ電最古の300形回送の撮影中に自転車利用者が通りかかる


事は鎌倉市腰越にて発生。
8/5夜のことでした。

検査から上がった江ノ電300形305編成の
出場回送が通過中に自転車に乗ってきた男性が
手をあげて進入。

そこに待ち構えていた鉄道ファンらが怒り
男性に詰め寄る事態がありましたが
本人はのれんのようにさらっと受け流し
笑顔で対応していました。

人が乱入したからと言って
キレてはいけませんよ。

自転車の男性の正体


自転車に乗っていた男性は
メキシコ人で近所でタコス屋を営んでいる
店主でした。

つまり前にカメラマンがいっぱい並んでいたので
それに合図を送っただけの話です。

その後彼は
「江ノ電自転車ニキ」
(ニキ=兄貴の意味)
と呼ばれるようになりました。

江ノ電撮影時のフレームイン案件が起きたその後


江ノ電での撮影でのフレームインで
バズった結果逆に思わぬ宣伝効果をもたらし
男性が営むタコス店に行列ができました。

店主にとって棚から牡丹餅な現象で
まさに「禍を転じて福と為す」と
言っても過言ではないでしょう。


ここまで繁盛すれば
大騒ぎしていた連中も
ギャフンと言わせられるでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回の江ノ電のフレームイン案件
撮影者と自転車通行者にとっても
痛い案件でしたが

その彼がお店の経営者と判明し
それがバズって行列を生み出し
大繁盛させるうれしい効果をもたらす
まさに逆転人生的な物語でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林