2018.11.6 鉄道の動き:E257系AT配給・転用改造へ,E653系国鉄色AT構内試運転,検測車 East i-E,East i-D 首都圏ですれ違う etc

こんにちは。
小林です。

遂にE257系の「踊り子」への転用改造が
始まろうとしています。

今回はその話題を中心とした鉄道の話題を
ネット情報のみで取り上げます。

スポンサードリンク




6日の主な鉄道の動き

E257系0番台AT入場配給


「踊り子」転用改造のためのE257系第1陣が
秋田車両センター(以下AT)へ向けて
尾久を発ちました。

牽引機はEF81 140で
編成はモトM-103編成でした。

E653系国鉄色となってAT構内試運転


国鉄色になったE653系ニイU108編成が
検査を終え構内試運転が行われ
見える位置まで姿を現しました。

この編成は古巣の勝田車両センターへ帰る予定で
出場も近づきました。

検測車 East i-E,East i-D 首都圏で顔を合わせる


撮影場所は伏せてあるとのことですが
検測中のEast i-E(電車)と
配給されてきたEast i-D(気動車)が首都圏で並ぶ
珍現象が生じました。

首都圏でJR東日本在来線の検測車同士が
2本同時に見られるのは極めてまれな例で
タイミングが合ったのは奇跡です。

おわりに

ついに始まったE257系転用改造
どのような姿になるのかが注目の的で
その一方で電車と気動車の検測車のすれ違いは
奇跡の瞬間で撮影された方は運が良かったと言えましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林