2019.7.2-3 鉄道の動き:ゆうマニ東急電鉄に譲渡-来夏の伊豆急車北海道遠征の電源車を確保

こんにちは。
小林です。

2-3日にかけて
「ゆう」マニの東急電鉄へ譲渡が
実施されました。

今回はその模様を
ネット情報を通じて
取り上げます。

スポンサードリンク




「ゆう」マニ東急電鉄へ譲渡

Twitterから

昨年夏にNNに送られていた
「ゆう」マニこと「マニ50 2186」が
NNから甲種輸送され
八王子までEH200-9が牽引しました。


八王子駅構内で一夜を過ごし
翌日はDE11 2001牽引にて
長津田へ向かいました。


長津田へ到着し
東急電鉄が受け取った瞬間
果たしてどのような色になるのでしょうか?

電源車を購入した理由

これは来夏に予定されている
伊豆急2100系「ザ・ロイヤル・エクスプレス」を
北海道で運用する計画でその列車用の
電源車として使われます。

なぜ電源車が必要か

2100系は直流電車なのに対し
JR北海道区間は交流区間と非電化区間しかなく
自走できないため機関車牽引で運転されます。

また機関車牽引だけでは
電源が確保できないので
空調や車内照明などサービス電源を得るため
電源車が必要となります。

おわりに

そのまま解体されると思われていた
「ゆう」マニこと「マニ50 2186」が
思わぬ形で活用されるとは
予想していたとは言え意外でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林