2018.6.18-20までの鉄道の動き:E231系マト車NN・ミツ車青森入場,東臨70-000形TK入場,高崎115系廃車回送

こんにちは。
小林です。

18日から20日にかけての鉄道の動きを
Twitter情報を通じてお伝えします。

スポンサードリンク




18日

松戸車両センターE231系マト102編成長野入場

E231系0番台(常磐線快速・成田線)


マト102編成が機器更新のため自走で長野総合車両センター(NN)に向かいました。
これで基本編成の未更新車は103,104,118,119編成の4本となりました。

東京臨海高速鉄道70-000形Z10編成東京総合車セ入場


東京臨海高速鉄道70-000形Z10編成が東京総合車両センター(TK)に入場しました。
同社同系式において最後の三菱GTO-VVVF搭載車だったためこの入場で機器更新され
川越線(川越-大宮間)-埼京線-りんかい線から同機器搭載車は消滅となります。

19日

E231系ミツB17編成青森入場配給とその前段階(17-19日にかけて)


17日に方向転換のための回送が中央線・武蔵野線・東北貨物線(デルタ線)経由で行われました。
この編成は16日で運用離脱しています。


配給前の三鷹車セ-豊田車セへの送り込み回送
豊田車両センターへ入庫し牽引機関車が来るのを待ちます。


そして午後に配給が行われ、改造のためはるばる青森まで旅立っていきました。
この編成は八高・川越線に転用されるとのことで出場時は姿・形が変わってきます。

20日

高崎車両センター115系T1036+T1037編成新潟へ廃車回送


およそ2ヶ月ぶりに高崎車両センター115系の新潟への廃車回送が実施され
今回回送されたのはT1036・T1037編成でこの編成は一度ピンチヒッターとして
新潟へ貸し出された経歴があります。

なお保安装置の関係上L99編成が先導し、
再び長野色+湘南色の混結10両編成が実現しました。

これで高崎車両センターの115系は残り3本で
7月上旬までに全車消滅する見込みです。

おわりに

今回取り上げた中で大きかったことは
りんかい線70-000形で最後の三菱GTO-VVVF搭載車の入場で
独特な音がまた一つ消えていくのが惜しいところです。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林