2019.3.16 ダイヤ改正(JR東日本中央本線編)-「富士回遊」運行開始・中央本線定期特急E353系に統一・全席指定化etc

こんにちは。
小林です。

16日のダイヤ改正では
中央本線の特急列車の歴史が
大きく動いた瞬間でもありました。

今回はその模様を
ネット情報を中心に取り上げます。

スポンサードリンク




16日のダイヤ改正の模様-中央本線特急列車関連

富士急行線直通特急「富士回遊」運転開始


中央本線-富士急行線直通の新たな特急列車
「富士回遊」が華々しく運用を開始しました。


行先表示は愛称名の富士山のイラスト付きが!!
英文表示は「FUJI EXCURSION」となり
訪日外国人に細かく配慮されています。


一番列車は一足先にE257系500番台NB-10編成による
「富士回遊91号」で行先表示はシンプルに
「特急 河口湖」で「BOSO EXPRESS」の部分が
赤く塗られその上に「SERIES E257」が書かれていました。

中央本線の定期特急がE353系および「あずさ」「かいじ」に統一・全車指定席になる

3/16でE353系に統一された中央本線の定期特急

16日より中央本線の特急列車は全車指定席化し
列車名も「あずさ」「かいじ」(富士回遊と併結もあり)
および定期列車はE353系に統一されました。

全席指定でもそれを救済する
「座席未指定券」が発売され
空席があれば着席可能です。

E657系(常磐線で採用済み)・E353系では
座席上のランプがあり

赤=空席
黄=もうすぐ指定席券を持つ乗客が現れる
緑=着席

となり指定席のが現れたら
席を譲る仕組みでありランプを見て判断すれば
トラブルは未然に防げます。

おわりに

今回のダイヤ改正は中央本線の特急列車で
革命的な出来事であり定期車両の車種統一
並びに全席指定化・停車駅の見直し
「富士回遊」の誕生など未曽有の大改正でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林