2021.3.2 鉄道の動き:相鉄10000系NN出場甲種・房総209系編成替え・E131系80番台配給etc

こんにちは。
小林です。

3/2までの鉄道の話題を
ネット情報を通じて
取り上げていきます。



3/2の主な鉄道の話題

相鉄10000系NN出場甲種


長野総合車両センター(NN)にて
機器更新入場していた
相鉄10000系10702Fが
出場・甲種輸送されました。

最終仕上げは
相鉄・かしわ台車両センターで
実施される模様です。

房総209系組み換え進む

幕張車両センター209系で
一部の編成が6両→4両への
組み換えが実施されています。

対象は6編成ですが
2021.3.2時点で
2編成が実施済みです。

マリC620→C448
マリC613→C445

E131系展示会が実施される


3/13改正の営業運転を間近に控えた
E131系の展示会が
勝浦駅構内で実施されました。

なお展示会は3日に潮来駅,
6日に館山駅でも行う予定で
房総ローカル線末端区間に
挨拶回りするような感じです。

車内は仕様的にはワンマン設備や
クロスシートが付いた以外は
目下投入中のE235系1000番台と
E233系のあいの子的な雰囲気です。

E131系80番台新津配給


E131系で80番台の区分がなされた
マリR11編成が新津より
配給されました。

80番台に区分されたのは
線路設備モニタリング装置を
搭載した関係で機器の
レイアウト変更がなされ

2両では収まり切れず
一部機器を車内スペースの
一角に配置されたものです。

詳細はこちら↓
【房総ワンマン】車体・機器違いの新区分!E131系80番台R11編成が落成
@鉄道ファンの待合室

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回取り上げた中では
JR東日本千葉支社が多く
E131系運用開始の暁に
勢力図が大きく変わる模様です。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林