2018.10.20 羽田空港レポート:首相がベルギーから帰国・政府専用機の新旧並びetc

こんにちは。
小林です。

20日は政府専用機を見に行くのを第一に
羽田に行って参りました。
その模様をレポートします。

滑走路運用は離陸がRW34R・05で
着陸がRW34L・34Rでした。

関連記事
2018.10.19 航空の動き#羽田空港

スポンサードリンク




撮影機材

カメラ

ソニーα7III (ILCE-7M3)

レンズ

ソニー 70-400mm F4-5.6 G SSM2 SAL70400G2
+マウントアダプター LA-EA3

政府専用機

現行機B747-47C

ILCE-7M3 ISO200 1/500 F7.1


14:34頃 ベルギーから安倍首相を乗せた政府専用機 20-1101 が到着し
RW34Rへ着陸しました。

ILCE-7M3 ISO800 1/500 F6.3


16:25頃 RW34Rより離陸・千歳基地へ帰投しました。

新旧政府専用機の並び

ILCE-7M3 ISO200 1/500 F5


現行のB744政府専用機が前日(19日)に飛来していた
次期政府専用機B773と羽田空港内で初顔合わせし
これを一目見ようと多くのギャラリーが詰めかけました。

また帰国したばかりの首相夫妻が
早速次期政府専用機 B777-3SBの
内部視察をされていました。

詳細はこちら ロイター通信から
首相、新政府専用機を羽田で視察

後継機B777-3SB ER

ILCE-7M3 ISO12800 1/80 F5.6


夜になってしまいましたがB744が去った後に
丸々1機の姿を確認しておきました。

ちなみにISO12800まで上げましたが
ザラツキノイズによる潰れが目立たず
機体レジの判読ができました。

そして20:29頃 帰投しました。

おわりに

羽田空港内で新旧の政府専用機が顔を合わせる
歴史的瞬間を一目見ようと多くのファンらが詰めかけ
週末ともあって終始大賑わいでした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林