2018.9.3 鉄道の動き(2):東武20400系運用開始・227系1000番台川重出場etc

こんにちは。
小林です。

引き続き3日の鉄道の動きを
ネット情報を中心に取り上げます。

関連記事
2018.9.3 鉄道の動き(1):E235系近郊型・209系1000番台常磐緩行線撤退

スポンサードリンク




東武20400系営業運転開始


3日より20000系列を改造した20400系が
東武宇都宮線・日光線で営業運転を開始しました。

北関東地区の必須アイテムとも言える
ドア開閉ボタンが東武で初めて設置され
車内保温ができるようになりました。

227系1000番台川重出場


和歌山・奈良エリア向け227系第一陣SD01+SD02編成が
川崎重工兵庫工場を出場・試運転で湖西線に向かいました。

和歌山線・桜井線のワンマン運転に投入予定で
車内ICOCA(などのICカード)精算機が設置され
必然的に同線全線でICカードでの精算ができるようになります。

都営5500形京成・北総乗り入れ解禁


6/30で営業運転を開始し
都営浅草線内での限定運用だった5500形電車が
3日より京成電鉄・北総鉄道への乗り入れが始まり
当系列が地上線へ堂々と姿を見せました。

おわりに

夏休み明けの3日において
鉄道ニュースが一気に舞い込み
ファンにとってはとても情報量の多い
1日となったことでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林