横田基地友好祭2018レポートまとめ:2日間の出来事を振り返る

こんにちは。
小林です。

横田基地友好祭2018総集編として
2日の出来事を振り返ります。

スポンサードリンク




その1:雨ニモマケズ・ファンの夢を叶えた展示機の数々

SLT-A58 ISO800 1/1600 F5.6 +0.3EV

詳細はこちら

DSLR-A900 ISO800 1/160 F4

15日はあいにくの雨でしたが
ファンはそれにめげることなくお目当ての飛行機に
会いに行き機体のそばに寄り添い、または展示機たちに囲まれ
水を得た魚のように酔いしれていました。

その2:充実した展示機-米軍機編・オスプレイの展示飛行

SLT-A58 ISO200 1/250 F9 +0.3EV

詳細はこちら
C-130J-30やF-16をはじめ米軍機においては
展示機が豊富でファンはそれを目当てに右往左往しながら
楽しんでいました。

特にCV-22オスプレイは他の展示機を差し置いて
F-16やA-10よりもはるかにズバ抜けた
長蛇の列でそれだけ根強い人気を実感しました。

その3:充実した展示機-自衛隊機・軽飛行機編その他

DSLR-A900 ISO800 1/160 F4

詳細はこちら

SLT-A58 ISO200 1/800 F5.6 +0.3EV

C-2輸送機が初登場したことが大いに注目されたほか
忙しい中展示のために駆け付けた自衛隊機に
ただただ感謝です。

その4:航空機編-機内外見学・会場外整列機etc

KC-10コックピット DSLR-A900 ISO800 1/80 F3.5

詳細はこちら
年に一度の軍用機・自衛隊機に触れ合える機会で
輸送機では機内販売とクルーたちの挨拶も楽しいです。

コクピット見学はかなり苦労します。
人気機種は数時間待ちが当たり前で
1日終わるのを覚悟の上です。

その5:航空機以外-軍用犬・PAC-3・消防車・花火・キャラグリetc

SLT-A58 ISO800 1/200 5.6

詳細はこちら
航空機以外にも見所は沢山あり
軍用犬デモンストレーション・消防車の放水・空自のPAC-3展示の他
2日目夜は最後を飾る花火が見られました。

また自衛隊ブースではキャラクターグリーティングが行われた他
会場内に出没するコスプレ・着ぐるみ軍団にも遭遇しました。

おわりに

今回の横田基地友好祭は
年に一度の豊富な航空機に囲まれる
ファンにとってまさに夢のようなイベントです。

このように情報量が増えるほどの
充実した内容でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林