さよなら関電トロリーバス-54年の歴史に幕,来春に蓄電池式電気バス(EV)へ転換へ

こんにちは。
小林です。

立山黒部アルペンルートの足として活躍した
関電トロリーバスが11/30を以って
54年の活躍を終えました。

今回はその話題を中心に取り上げます。

KONICA MINOLTA ALPHA-7 DIGITAL ISO100 1/250 F3.5

扇沢にて 写真はすべて2006.4.28撮影

スポンサードリンク




はじめに

長野の関電トロリーバス、歴史に幕=立山黒部で半世紀、EVに

北アルプスを貫く山岳観光路「立山黒部アルペンルート」で、架線から電力供給を受けて道路を走る「関電トンネルトロリーバス」が30日、54年の歴史に幕を下ろした。老朽化などが理由で、来年4月からは電気バスに姿を変える。

立山黒部アルペンルート名物として
半世紀以上にわたり活躍を続けてきた
関電トロリーバスが11/30夕方を以て
運行を終了しその歴史に幕を下ろしました。


来シーズンからは電気自動車(EV)式のバスに変わり
それに先立ってお披露目されています。

トロリーバスの概要


@every dayday
トロリーバスは無軌条電車、いわゆる鉄道の仲間で
架線から電気を取り入れて走る仕組みの車両で
新交通システムの先駆けと言えましょう。

運転のしかたはディーゼルのバスとさほど変わりなく
シフトチェンジがない分オートマチック車に似ています。

KONICA MINOLTA ALPHA-7 DIGITAL ISO100 1/250 F8

最後の形式は300形で
1993-96にかけて導入されていました。

しかし近年では老朽化と設備のメンテナンス費用がかさむこともあり
11/30の黒部ダム発扇沢行きの最終便を以て運用を終了しました。

この廃止によって同じ立山黒部アルペンルート内にある
立山トンネルトロリーバスのみとなります。

KONICA MINOLTA DiMAGE X50 ISO160 1/45 F2.8

参考:立山トンネルトロリーバス

関電トロリーバス最後の活躍の様子


「トロバス ラストイヤー」の
列車でいうヘッドマークが装飾され
惜別ムードひとしおでした。


年代物の三菱ふそうファイター高所作業車
架線など電気設備のメンテナンスに使われていましたが
その役目を終え引退するとのことです。


複雑な作りのトロリーバスの電車線
屋外でこの設備も見納めです。

おわりに

立山黒部の環境に配慮した関電トロリーバス
老朽化と技術の進歩でこの度廃止となり
それに代わり来春は蓄電池方式の電気バス(EV)に
バトンタッチし引き続き黒部ダム観光の足を繋いでいくでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林