2019.3.16-18 鉄道の動き 中央線・青梅線編:特急「はちおうじ」「おうめ」運転開始・E257系その後・中央線快速209系1000番台運行開始etc

こんにちは。
小林です。

ダイヤ改正後初の平日を迎え
中央・青梅線系統で新たな列車が走り出しました。
今回はその話題をネット情報を中心に取り上げます。

スポンサードリンク




18日の主な鉄道の動き

特急「はちおうじ」「おうめ」運転開始


18日朝よりライナー列車に変わり
特急「はちおうじ」「おうめ」が
運転を開始しました。

牛浜-拝島にて(スマホ撮り)
寒い中後追いでしたが快晴で空気が澄んでおり
朝日が同列車の門出を祝福してるようでした。

青梅線に初登場の定期特急列車「おうめ」
E353系が走る姿は新鮮でした。

しかしながら朝上り・夜下りの1本ずつで
希少価値になりました。

E257系0番台のその後・16日朝の拝島駅

ILCE-7M3 ISO200 1/100 F4

前日より送り込まれてきた
E353系元S118編成が拝島駅構内の側線に
留置されていました。

この編成は落成後尾久に疎開していたもので
運用入り前でした。

ILCE-7M3 ISO200 1/20 F4

その隣に青梅ライナーの最終運用を務めた
M-111編成も留置され

ILCE-7M3 ISO200 1/20 F5

そして更に八高線209系3500川越行きもやってきて
この時限りの3本並びが実現!!

この後E353系が午前中に退去し新宿へ向かい
あずさ7号より運用に就きました。


拝島駅構内で2泊していた
E257系は翌17日昼に退去し
東大宮へ向かいました。

209系1000番台中央線快速で運転開始


松戸車両センターより転属してきた
209系1000番台が赴任先の
中央線快速でリデビューしました。

ピンチヒッターとは言え
この車両が同線区を走るのは
最初は違和感があります。

おわりに

今回のダイヤ改正で中央・青梅線で運転されていた
ライナー列車がすべて特急に統一されたほか
ピンチヒッターの209系1000番台が運転開始されるなど
いろいろ変わった改正でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林