2019.3.20 鉄道の動き:205系ケヨM16編成新津へ・E231系ミツB26編成6M4T化でAT出場etc

こんにちは。
小林です。

20日は上り・下りの
配給が実施されました。

今回はその模様を
ネットの話題を中心に取り上げます。

関連記事
2019.3.19 鉄道の動き:W出場-E231系元ミツB15編成NN・E233系ハエ134編成J-TREC横浜

スポンサードリンク




20日の主な鉄道の動き

205系ケヨM16編成インドネシアに譲渡へ


ケヨM16編成がインドネシア譲渡へ向け
新津へ配給されました。

今回の牽引機は珍しく
EF81 140が担当しました。


バックショット
定番の「ジャカルタ」行き表示
今回は菜の花と羊があしらわれていました。

E231系ミツB26編成6M4T化の上首都圏帰還


三鷹車両センター残留となる
ミツB26編成が秋田総合車両センターから
出場しました。

今回は田端操-馬橋-別所信経由で
東大宮までの牽引でその後は
自走で三鷹車両センターまで
回送されました。

編成は千葉方から
Tc26-MM’51-T77-MM’31-T78-MM52-Tc’26となり
中間のMM’ユニットは元B16編成が組まれました。

これによりE231系通勤型の0番台では初めて
東急製(B26)と新津製(元B16の一部)が
編成内に混在する形となりました。


余談ですが中央・総武線各駅停車に残る
6扉車もダイヤ改正以降座席収納がなくなり
終日座席が使用できるようになりました。

おわりに

武蔵野線でまた1本205系が去り
中央総武緩行線では編成を組み替えて
1本が帰ってくるなど出会いと別れの
瞬間を垣間見た日でもありました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林