2018年を振り返って-3月鉄道編:武蔵野線205系海外譲渡開始・小田急線複々線化完成,GSE運行開始

こんにちは。
小林です。

表題のように2018年3月はJR武蔵野線・
小田急線に大きな動きがありました。
今回はその模様を中心に振り返ります。

スポンサードリンク




JR東日本

武蔵野線205系海外譲渡スタート

関連記事
1回目(2日)
2回目(9日)
3回目(30日)

2018.3.30 SLT-A58 ISO400 1/500 F13 ※トリミング済み

武蔵野線で活躍していた205系が
E231系・209系500番台の転入によって
ついに置き換えが始まりました。

全車がインドネシアに譲渡されるとのことで
異国の地で末永い活躍を見守る次第です。

回送の際に行き先表示を「ジャカルタ」行きとし
それぞれの種別や模様をあしらっていました。

小田急電鉄

代々木上原-登戸間複々線完成(3日)

関連記事
小田急線の複々線化工事が完成-開通式も実施
小田急電鉄3/17ダイヤ改正(2):複々線化後の新ダイヤと列車種別見直し

SLT-A58 ISO200 1/400 F13

小田急3000形 和泉多摩川-登戸にて

沿線民や利用者の長年の悲願だった
小田急小田原線 代々木上原-登戸間の複々線化が完了し
混雑緩和と列車増発・そして快速急行の登戸駅の停車が実現しました。

70000形「GSE」運行開始(17日)

関連記事
小田急電鉄3/17ダイヤ改正:新型ロマンスカーGSEデビュー

Photo ACから拝借しました。

最新の技術と眺望性をよりワイドにした
ロマンスカー70000形「GSE」が華々しくデビューしました。

先述の複々線化完了も相まって「スーパーはこね」号の
新宿-小田原間の所要時間が1時間を切る
スピードアップが実現しました。

西武鉄道

拝島ライナー運行開始(10日)

関連記事
西武新宿線-拝島線に40000系電車進出:拝島ライナー運行開始
拝島ライナー乗車レポートと車内・車外紹介

SLT-A58 ISO1600 1/100 F5

西武新宿線-拝島線系統で初の座席指定列車
「拝島ライナー」が運行を開始しました。

下りのみの運行で停車駅は高田馬場-小平間ノンストップで
小平からの拝島線内は各駅に停車しこの区間だけ
乗車券のみで利用できる仕組みです。

おわりに

3月を振り返ってみて一番の動きは
小田急電鉄で複々線化事業の完成と
70000形GSEの運行開始という
歴史的な出来事があり革命とも言えましょう。

西武鉄道でも「拝島ライナー」の登場で
また一つ有料着席保障列車が誕生し
今後の大手私鉄のトレンドにもなるでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林