2019.6.3-4 航空の動き(横田基地編):タイ空軍C-130H,E-4B令和最初の飛来etc

こんにちは。
小林です。

3・4日は横田に
大物の飛来がありました。

今回はその模様を
筆者の主な取材分をレポートします。

スポンサードリンク




3日

滑走路運用は特記以外RW18でした。

ダッシュ8

ILCE-7M3 ISO200 1/400 F13 +0.7EV

12:06頃 N599AQがRW36より離陸し
ミッションに出かけていきました。

C-130H タイ空軍

ILCE-7M3 ISO100 1/250 F5.6

1日より日本を訪れていた
タイ空軍 (RTAH) C-130H 60110が
16:09頃離陸し日本を後にしました。

ちなみに先日(6/1)の武蔵丘公開において
遠目ながら横田に向かう姿を目撃しました。

E-4Bナイトウォッチ

ILCE-7M3 ISO400 1/500 F8

17:28頃 73-1677 が飛来。
これはアジアを歴訪している
シャナハン国防長官代行が
このE-4Bで来日しました。

ちなみにE-4Bの飛来は令和初で
昨年6月末以来1年弱ぶりでした。

C-17

ILCE-7M3 ISO400 1/400 F7.1 +0.7EV

サウスカロライナ州チャールストン空軍基地の
09-9207が 17:40頃 飛来。
E-4Bの付き添いでした。

4日

滑走路運用はRW18

E-4Bナイトウォッチ

ILCE-7M3 ISO200 1/500 F11

15:30頃 73-1477が離陸。
シャナハン国防長官代行が
1泊2日の行程で日本を後にしました。

C-17

ILCE-7M3 ISO200 1/400 F8 +0.3EV

15:59頃 付添いのC-17も
後を追って離陸しました。

おわりに

3日は夕方になって慌ただしくなり
タイ空軍が去った後に米国防長官代行と
代わる代わる国賓が訪れ
さながらお祭り状態になりました。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林