2018.7.8 横田基地レポート:台風避難F-15大量飛来・RC-135飛来etc

こんにちは。
小林です。

8日に横田に展開してみたところ
午後になってF-15の大量飛来があり
かつてない事態に見舞われました。

今回はそんな話題を中心にレポートします。

ちなみに滑走路運用はRW18でした。

関連記事
2018.7.7 横田基地にF-22ラプター計7機飛来

スポンサードリンク




撮影機材

カメラ

ソニーα900
フジフィルム FinePix XP120

レンズ

ミノルタ AF24-85mm F3.5-4.5 New
ミノルタ AF ZOOM 70-210mm F4.5-5.6
タムロン SP 150-600mm F5-6.3 Di USD G2 (Model A022)

撮影場所

6/30の時とほぼ一緒です。

1・3:横田池跡付近
2:みずほエコパーク駐車場
4:国道16号の立体交差・地下道付近

B747-400F(アトラスエア)

FinePix XP120 ISO100 1/480 F8 ※トリミング済み

10:37頃 N418MCがイーストタキシーののち離陸。
早朝の6:22に飛来しておりスポットの関係からホットカーゴランプに駐機していました。

DSLR-A900 ISO400 1/400 F8

18:03頃 N418MC が戻り、今度はターミナルに駐機しました。

F-15大量飛来・1機まぎれてF-22追加飛来

F-15初陣(C型)

81-0031 DSLR-A900 ISO400 1/800 F8

85-0093 DSLR-A900 ISO400 1/800 F8

81-0038 DSLR-A900 ISO400 1/800 F8

まず14:12-14頃にかけて嘉手納基地所属の 81-0038,85-0093,81-0038が着陸しました。

F-22

DSLR-A900 ISO400 1/800 F8

同じ時間の 14:12頃 そのF-15Cに紛れて2機目に
アラスカ州エルメンドルフ・リチャードソン統合基地所属の 06-4130 が着陸。
昨日(7日)に飛来した分を合わせてこれでF-22は8機となりました。

F-15 2陣以降

機数やその写真がとても多いので機体レジだけで失礼します。

DSLR-A900 ISO200 1/1000 F8

第2陣 85-0117,85-0123,85-0121 83-0046(F-15D複座タイプ・今回はこの1機のみ)
第3陣 83-0025,83-0034,83-0039
第4陣 80-0012,81-0032,81-0037,85-0104
第5陣 82-0019,82-0038,83-0010,83-0023

14:12-56頃にかけて5回に分けて3-4機ずつ飛来した結果
総数18機に達し、ほぼ1部隊の大部分が集結したことになり
F-22×8と合わせると26機!横田史上最多となりそうです!

KC-135R

特記以外は嘉手納基地所属です。

DSLR-A900 ISO400 1/1000 F7.1

14:35頃 ノーマークの 58-0123 が着陸しました。

DSLR-A900 ISO400 1/1000 F7.1

14:51頃 オクラホマ州アルタス基地(AETC)所属の 60-0360 が着陸し、
2時間弱のステイで16:36頃離陸しました。

DSLR-A900 ISO400 1/500 F9

17:12頃 ヤングタイガー帯とZZレター入りの 62-3561 が着陸。

RC-135

いずれもネブラスカ州オファット空軍基地所属です。

RC-135Wリベットジョイント

DSLR-A900 ISO200 1/640 F8

15:25 62-4126 が着陸しました。

DSLR-A900 ISO200 1/500 F16

16:04頃 62-4135 が着陸。
この頃から撮影場所およびレンズを変更しました。

RC-135Sコブラボール

DSLR-A900 ISO200 1/500 F11

16:38頃 61-2662 が着陸。
前述の離陸待ちのアルタスKC-135がエンドでホールド中に一瞬だけ顔を合わせました。

MC-130Jコマンドー

DSLR-A900 ISO400 1/320 F10

17:35-18:00にかけて 13-5777(写真)を皮切りに 12-5763,12-5761,13-5775 が飛来しました。

おわりに

この日(8日)の目玉は何と言っても
台風避難によるF-15の大量飛来で総数18機に達したことであり
横田基地としては未曽有の集結数となるでしょう。

結果的に前日(7日)のラプター祭りを
遥かにしのぐ飛来数で横田基地内は満機となりそうな勢いです。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

小林